カントン包茎や真性包茎には治療が必要なことも

カセイ包茎とは普通の状態では皮が被っており容易に剥くことができ、勃起時には自然に皮が向けたり、容易に皮を剥くことができるホウケイを言います。
ペニスが小さいという悩みには、先端部が小さいという問題と陰茎本体が細く短いという問題の二つがあります。これらの問題を解消できる非常に簡単な薬剤注入という治療法があります。草食系男子の増加がよく話題に上りますが、草食系が増えたのはもしかすると男としての自信が無いからかも知れません。自信が無いわけとして考えられるのが”早漏”の悩み!phimosisとは中学徒になってもペニスの先に皮が被っている状態を言います。外国人とくらべて日本人は包茎が多いと言います、その傾向があるのは、宗教や習慣のちがいにあるようです。
海外の一部の国では一定の年齢に達すると割礼を行う習慣があったり、親がお風呂で皮をむくのが一般的な国もあるのです。ただ、真性包茎やカントホウケイの人が無理に包皮をむくと陰茎が小さくて悩んでいる方に朗報です。メスで切ることも無しに3〜8cmも陰茎を長くする切らない施術(長茎術)があります。



元々体内にたるんでいるアソコの余剰部分を引き出す手法です。
男性の悩みのひとつにアソコへの劣等感があります。自分のアソコが人より貧弱ではないか、相手の女性を満足指せられないのではないかと不安を感じるのです。ペニスに不安を感じているなら「亀頭増大術」がおすすめ!亀頭増大術は約10分の短時間施術で薬剤を注入するだけの比較的手軽な施術です。包茎には仮性ほうけい・カントンほうけい・真性ほうけいの3タイプがあり治療しなくてもあまり問題の無いものや急いで治療した方がいいものもあります。
カントンほうけいは被っている皮の先が狭く、亀頭や陰茎を無理に締め付ける事があります。

平常時は包皮をむくことはできるはずですが、包皮の先が狭いので、勃起した時に亀頭の完全露出ができず、無理に剥こうとすると、血流障害を起こしたり強い痛みを感じることがあります。普通の時も堅くなったときも亀頭が包皮に覆われていて、包皮と亀頭が癒着して剥くことができない状態をいいます。