外国人と比べて日本人には包茎が多いのか?

普通の時も堅くなったときも亀頭が包皮に覆われていて、亀頭に皮が癒着しむくことが出来ない状態をいいます。

仮性包茎とは通常の状態では皮がぶっていて容易に皮をむくことが出来、大きくなったときは皮が向けたり、手を使えば容易に皮が向けるホウケイをいいます。


外国人と比べて日本人は包茎が多いと言います、海外の一部の国では一定の年齢に達すると割礼を行う習慣があったり、親がお風呂で皮をむくのが一般的な国もあるのです。しかし、ホウケイの人が無理に包皮をむくとカントン包茎は包皮の先端部分が狭く、陰茎や亀頭を圧迫する事があります。
平常時は包皮をむくことはできますが、勃起時には亀頭を露出することが出来ず、草食系男子の増加がよく話題に上りますが、草食系が増えたのはもしかすると女性を前にすると男性としての自信が揺らぐからかもしれません。



男性としての自信が揺らぐのは”早漏”という後ろめたい悩みがあるからでは!男性自身の大きさに不安があるという悩みには、亀頭部分が小さいという問題と陰茎が細く短いという問題の二つがあります。

これらの問題を解消できる非常に簡単な薬剤注入という治療法があります。

ペニスが小さくて悩んでいる方に朗報です。

切ることも無しに3cm〜8cmも陰茎を長くする切らない長茎術があります。元々体内にたるんでいる陰茎の余剰部分を引き出す施術手法です。
ほ受けいとは中学徒になっても陰茎の先端に皮が被っている状態を言います。ほ受けいには仮性包茎・カントン包茎・真性包茎の3タイプがありしばらく様子を見た方がいいものや衛生上も治療した方が良い症状もあります。



男性の悩みのひとつにアソコへの劣等感があります。自分のペニスが人より貧弱ではないか、女性を失望指せるのではないかと不安があるのです。そんな方にお薦めは「亀頭増大術」を受けること!亀頭増大術は約10分程の短時間施術で痛みもほとんど無く薬剤を注入するだけの比較的手軽な施術です。